自分を好きになりたい人のための「プチ整形」

赤髪の女性

埋没法

ここでは、二重まぶたを形成するための埋没法についてご紹介します。
ぱっちりとした目は可愛らしく、明るい印象を与えてくれます。
そのために、二重まぶたにしたいと考えている人は非常に多いのです。
美容整形で二重まぶたを作るためには2種類の方法があり、1つは「切開法」、もう1つは「埋没法」と呼ばれています。
このうち、切開法は文字どおりメスでまぶたを切開する方法です。くっきりとした二重を作ることができる他、まぶた周辺の脂肪を取り除くこともできるため、全体がすっきりして見えるようになります。
二重まぶたを形成するために切開法は非常に有効な方法で、術後に一重まぶたに戻ってしまう心配もないため、半永久的に効果が続きます。そのため、二重まぶたにする方法として切開法を希望する人も多いのです。
しかし、やはり切開を必要とするため、そこに抵抗感を覚える人もいます。術後はしばらく患部が腫れてしまうため、人によってはしたくても踏み切れないという人もいるでしょう。
一方、埋没法はメスを使わないプチ整形です。埋没法では、メスの代わりに極細の糸を使います。糸をまぶたに埋没させることで、二重のラインを作ることができるのです。
この方法のメリットは、糸を使ってまぶたの裏側から二重のラインを作っているだけなので、抜糸すれば元の状態に戻すことができるという点です。切開法では、一度作ってしまった二重のラインは二度と元に戻すことはできません。
このため、切開法では失敗してしまったときに取り返しがつかなくなり、埋没法では、たとえ失敗してしまったとしてもやり直すことができるのです。
メスを使わないため、万が一の事故が起こる心配もありません。施術自体も非常に簡単で、短時間で終わります。さらに術後の腫れもわずかで、誰でも気軽に受けやすい施術といえるでしょう。
デメリットとしては、切開法ほどくっきりとした二重のラインができにくいということと、不意に糸が取れてしまったりすると二重のラインが元に戻ってしまうということです。二重のラインが浅くなってしまったり、二重のラインがなくなってしまった場合には再度施術を受ける必要があります。

特に安全面や、コスト面を気にしながら二重まぶたを手に入れたいという人にとっては、理想的な施術となるでしょう。